西武A班の投手全17人が初日ブルペン入り! 西口投手コーチ「いいスタートを切れた」

2021年02月01日 17時38分

守護神・増田のブルペン投球を受けコミュニケーションを取る西武・森(手前左)

 西武はキャンプインした1日、一軍・A班キャンプ(宮崎・南郷)に帯同する17投手全員がブルペン入り。課題となる投手力底上げへ、投手陣が自覚を持ってV奪回を目指す1年をスタートさせた。

 見守った西口投手コーチは「全員がブルペン入りということで楽しみにしていた。思った以上に投げられていて、いいスタートを切れたと思う。3日目からBP(フリー打撃登板)に入るので、それを考えると初日から入らないと間に合わない」とコメント。「田村がびっくりするぐらいよかったし、佐野もよかった。頑張らなきゃいけない投手がいいピッチングをしていた」と初日の満足度を語った。

 王者ソフトバンク、田中将の復帰で4本柱+ドラ1左腕・早川がクローズアップされる楽天に比べ先発陣に柱という柱のいない西武。西口コーチは「ウチの先発陣を考えると若いピッチャーにまだまだチャンスはある。周りの雰囲気に刺激を受けながら、これからどれだけアピールしてくれるかというのを楽しみにしている」と期待を込めていた。

関連タグ: