リハビリ中の西武・松坂が二軍でキャンプイン「必ずマウンドに立つという気持ち」 

2021年02月01日 15時47分

二軍でキャンプインした松坂

 頸椎手術からの復帰を目指す西武・松坂大輔投手(40)が1日、二軍・B班でプロ23年目のキャンプをスタートした。

 本体と離れ、二軍・B班キャンプ地のカーミニーク・フィールド(埼玉・所沢)で別メニュー調整。キャッチボールを行うなど、リハビリメニューをこなした。

 松坂は球団を通して「23年目のシーズンに向けてキャンプインしましたが、昨年手術を受けまだリハビリの状態が続いており、中々自分の思うように身体を動かせていない(投げられていない)状態ですが、メットライフドームのマウンドに立って勝つということを目標に、1日でも早くチームに貢献できるようにやっていきたいと思います」とコメント。

 続けて「(復帰した)昨シーズンは1試合も投げることが出来なかったので、必ずマウンドに立つという気持ちをもってやっていきたい」と今季にかける覚悟を語っていた。

関連タグ: