巨人・元木ヘッドコーチがノックを解禁 S班の〝監督代行〟として主力にゲキ

2021年02月01日 13時59分

元木ヘッドコーチ(右)

 巨人の元木大介ヘッドコーチ(49)がキャンプ初日からノックを〝解禁〟した。

 1日、S班が東京ドームでキャンプイン。帯同している元木ヘッドは選手と一緒にアップに参加。十分に体を温めると坂本勇ら内野陣にノックを打った。

 昨年9月に虫垂炎で入院してからは、試合前練習であまりノックを打つ姿は見られず。元木ヘッドは「(ノックは)疲れるんだよ」とジョークを飛ばす一方で「担当コーチがいる。それでちょっと打ってなかった」と他のコーチの手前、控えていたという。

 この日、練習前のミーティングで元木ヘッドは「分かっていると思うが、ユニホーム着てないからといって気の緩みがないように。もうシーズンは始まっている。合流するまでに全力で走る、投げる、振れるように準備すること。みんなはやることは分かってるだろうからしっかり調整してください」と主力勢にゲキ。
 宮崎にいる原監督に代わりS班に目を光らせる。

関連タグ: