ヤクルト奥川がキャンプ前日にブルペン入り「とにかくケガをせずやっていきたい」

2021年01月31日 18時37分

意気込む奥川恭伸投手

 初の一軍キャンプスタートに胸を躍らせている。ヤクルトの奥川恭伸投手(19)が31日、沖縄県浦添市の浦添市民球場で練習を行い、ブルペン入りした。奥川によれば「20~30球」を投げ「7、8割」の力を込めたという。

 高津監督ら首脳陣によって投げるスケジュールが決められている2年目右腕。それでも奥川は「自分の体と相談しながらですけど、どんどん投げたい」と前向きだった。

 2月1日からは他の投手とローテをかけての争いが開始。「アピールしていけるように。とにかくケガをせずにやっていきたい」と話した。

関連タグ: