九州アジアL・火の国サラマンダーズ発足! 細川亨監督「うちの細川の生まれは熊本で…」

2021年01月29日 18時48分

ユニホームを披露した(下段左2人目から)吉村裕基兼任コーチ、細川亨監督、松岡功祐総合コーチ

 今年新たに開幕する九州アジアプロ野球リーグの「火の国サラマンダーズ」が29日、熊本市内で体制発表会を開いた。首脳陣、選手が揃い、ユニホーム、球団チアのお披露目も行われた。地域に根ざし県民に愛される球団を目指す。スローガンは「We are YOUR Team」に決まった。

 指揮を執るのはリードに定評のある捕手として西武、ソフトバンク、楽天、ロッテで活躍し、昨季現役を引退した細川亨監督(41)だ。出身は青森でも熊本には不思議と縁がある。「うちの細川の生まれは熊本で、そこからいろいろあって青森の方に来たという話を聞いた」とルーツの土地でもあるという。

 また、くしくも現役時代は熊本出身のWレジェンドである現中日・伊東勤ヘッドコーチ、そしてソフトバンク前監督・秋山幸二氏から薫陶を受けている。指導者1年目に向けて「まず自分でやってみて、絶対に突き当たるところもあると思う。そこから伊東さんや、秋山さん、いろんな大先輩がたに聞いてみたいと思う」と話した。

 サラマンダーズは2月1日からキャンプがスタート。3月20日に「大分B―リングス」と開幕戦で激突する。ソフトバンク三軍などNPB球団との試合も行っていく。