誕生日の広島・野間が28歳の決意「毎年今年こそという気持ちだが、今年はそれ以上」

2021年01月28日 22時09分

不退転の決意を語った野間

 広島・野間峻祥外野手(28)が不退転の決意で新たな一年に臨む。28日、マツダスタジアムでの合同自主トレに参加した野間はキャッチボールや打撃練習などでみっちり練習。一軍スタートとなる沖縄キャンプに向けて「毎日数ミリでも上手くなれるように無駄にせずに過ごしたい」と意気込んだ。

 昨季は打撃に苦しみわずか70試合で打率2割4分に終わり定位置奪取とはいかず。外野では大盛や宇草などの若手が台頭してきたため、今年は正念場の一年となる。そのため打力向上に向けてこのオフも「バットの入り口を一定のところから強く出していけるように意識している」と特に熱心に取り組み、キャンプの実戦で修正を重ねながらフォームの固定を目指す。

 4年ぶりに復帰した河田新ヘッドも「何かを変えないといけない。あいつにはグランドに出て〝一日一善〟してもらいたい」とレギュラー奪取を課す。特に打撃改造には助言を惜しむつもりはなく「パ・リーグやヤクルトで今まで右投げ左打ちでいいバッターは見て話も聞いてきているので」とヤクルト・青木やレッズ・秋山らから仕入れた打席での考え方や練習法などを伝授するつもりでいる。

 この日28歳の誕生日を迎え、西川からプレゼントをもらうなど祝福を受けた野間。「毎年今年こそという気持ちだが、今年はそれ以上の気持ち」と周囲の期待に応えるべく飛躍のシーズンにするつもりだ。