巨人入りセペダ「100%」宣言!15日デビューも

2014年05月13日 16時00分

 12日、巨人に新加入したキューバ代表の主砲フレデリク・セペダ外野手(34)が来日し、都内の球団事務所で入団会見が開かれた。

 今年1月にキューバ政府がスポーツ選手の海外移籍を解禁して以降、日本で初めてのケースとなった今回の巨人入り。セペダは会見で「両打ちで、ジャストミートを心掛けて打つタイプ。常に100%の気持ちでプレーする」とセールスポイントを語った。

 五輪は2大会、WBCでは3大会に出場して計10本塁打を放つなど、国際舞台での実績は十分だ。会見に同席した原監督は「世界を代表するスラッガーという位置付けで見ていた。非常に楽しみな選手が増えた」と歓迎した。

 キューバの国内リーグは約1か月前に終わったが、練習は再開しているという。13日から二軍で調整した後、15日に東京ドームで一軍の練習に合流する予定。指揮官は即登録の可能性について「ないわけではありません。準備できているのであれば近々、近未来というところで」と、15日のヤクルト戦(東京ドーム)での“日本デビュー”を否定しなかった。

「自分のできるすべてを出して、チームに尽くしたい」と語った大砲は日本でも実力を発揮できるか、注目だ。