ヤクルト奥川 初の一軍キャンプに「うれしいです」

2021年01月22日 18時18分

戸田球場でキャッチボールする奥川(代表撮影)

 プロ2年目で初の一軍キャンプが決まったヤクルトの奥川恭伸投手(19)が22日、戸田球場で取材に応じ「うれしいです。(キャンプで)どんどん投げる量を増やしていけたらなと思います」と笑顔で語った。

 ルーキーイヤーの昨年は、2度のノースローを経験。奥川は「今は痛いとか体の不安もない」と話すが、高津監督が「彼のスローイングメニューをキャンプ前に全部決めて入る形にします」と、スローペースでの調整を示唆していた。

 右腕も「オーバーペースになりすぎると、ヒジじゃなくても他の部分にちょっと違和感が出たりするかもしれない」とした上で「まだ2年目ですし、そんなに焦る時期ではないと思う。しっかり考えながらやっていきたいと思います」とコメントした。