直前の北京五輪に5選手も派遣したのに…「WBCボイコット」で国民の敵になった落合竜

2021年01月20日 11時00分

WBCボイコット騒動で批判された落合監督

【球界平成裏面史・中日WBCボイコット騒動(1)】「ある球団においては、誰ひとりも協力しないということだった。やや寂しい部分がある」。平成20年(2008年)11月21日、東京都内のホテルで行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のスタッフ会議後、侍ジャパンの原辰徳監督が発したコメントによって中日・落合博満監督とドラゴンズは日本中から大バッシングを浴びることになった。原監督の言う〝ある球団〟とは中日を指していたからだ。

 中日は代表候補に選出されていた岩瀬仁紀、浅尾拓也、高橋聡文、森野将彦の4人全員が辞退。代替メンバーとして和田一浩にも打診もあったが「要請はしたんですが答えは『NO』ということでした」(原監督)。WBCには12球団で全面協力することが確認されていたにも関わらず、中日だけ候補選手全員が拒否した格好となり、平成18年の第1回大会に続くWBC連覇を目指していた原監督が憤慨するのも無理はなかった。

 もっとも中日ナインにはWBC出場に積極的になれない事情もあった。この年8月に行われた北京五輪に中日は12球団最多となる5選手(川上憲伸、岩瀬、荒木雅博、森野、台湾代表のチェン・ウェイン)を派遣した。同五輪では元中日監督の星野仙一氏が日本代表監督を務めていたこともあり、川上(中継ぎとしてチーム最多の5試合に登板)と岩瀬(4試合に登板)はフル回転したが、準決勝の韓国戦で岩瀬、3位決定戦の米国戦では川上が敗戦投手となって星野ジャパンはメダル獲得に失敗。2人は心身ともにボロボロの状態で帰国した。

 特に岩瀬の疲労度は深刻でチーム内でも「岩瀬の状態はかなりヤバい」と心配されていたほど。森野は左ふくらはぎ、和田も腰に爆弾を抱えており「万全の状態じゃないと逆に失礼になる」(和田)とWBCの代表辞退を決めたのだった。

 岩瀬や森野と同じ北京五輪組である阪神の矢野輝弘(現燿大)や新井貴浩も辞退したが、5人全員が断ったという強烈過ぎる事実に中日への批判が沸き起こった。某球団の幹部が「本当に(ボイコットする球団なんて)いたの!? 信じられない! みんなでWBCには協力すると決めたんだから(派遣するのは)当たり前でしょ」と激怒したように、いつの間にか球界内では中日が球団ぐるみでWBCをボイコットしたのではないかと見られるようになっていた。そして中日ボイコットの黒幕こそが、常にオレ流を貫いている落合監督だという見方が球界のみならず世間でも形成されていったのである。

 マスコミの論調は原監督に同情的で、WBCに非協力的な中日に対して厳しいものばかり。同年11月22日発行の本紙紙面にも「大波紋WBC集団ボイコット」「中日に制裁を」「見識疑う、野球人失格だ」といった中日&落合監督批判の見出しが躍った。ネット上でも中日球団やオレ流指揮官へのバッシングの嵐。星野ジャパンの金メダル獲りに全面協力するため、3か月前に12球団最多の選手を北京五輪に派遣していた落合中日は、すっかり〝国民の敵〟となってしまった。

 渦中の中日はWBCのスタッフ会議翌日、ナゴヤ球場で秋季練習を行っていた。すると突然、落合監督が報道陣のいる記者席に現れた。「話を聞きたいんだろう。聞かせてやるよ」。ここから約40分間にわたり、WBC問題についてのオレ流独演会が始まった。=続く=

関連タグ: