ノリが登録抹消 DeNA中畑監督「チーム方針に従わない言動があった」

2014年05月07日 17時57分

出場選手登録を抹消された中村紀洋

 また“やらかした”ようだ。DeNAの中村紀洋内野手(40)が7日、出場選手登録を抹消された。中畑清監督(60)によれば、前日6日の巨人戦(東京ドーム)で「チーム方針に従わない言動があった」ことが理由で、今回の二軍落ちに「懲罰的な部分はある」ことも認めた。代わりに後藤武敏内野手(33)が昇格した。

 指揮官は詳細について言葉を濁したが、中村は2012年8月15日の阪神戦で、自身の打席の際に盗塁したチームメートを「俺が打つときになんで動くんだ!」と叱責し、ペナルティーとして懲罰降格させられた“前科”がある。

 中畑監督は「前にもあったんだけれど、それに近いこと」とも話していることから、チームの和を乱す言動があったとみられる。


 今季の中村は開幕二軍スタートだったものの、主砲・ブランコの故障に伴い4月18日の広島戦から一軍に昇格。4番としていきなり5戦連続で打点を挙げたほか、安定感のある守備でも存在感を発揮していた。

 指揮官は「1年は長い。彼(中村)の力を必要とするだろうし、そのために準備してほしい」とベテランへのフォローも忘れなかったが、中畑政権で2度目なだけに、再びチャンスを与えられるかは微妙なところだ。