昨年から3連敗 “もえドラ”の呪い!?

2014年05月06日 09時00分

8回裏一死1一、二塁の好機に三邪飛に倒れた和田

 やはり今年も苦しめられるのか。中日がサードユニホームを着用する「燃竜(もえドラ)」企画の試合でまた敗れた。

 中日のサードユニホーム企画は、昨季に続き2年目。今季は昨年の赤を基調としたユニホームから一変して、スローガン「Start it Again 強竜再燃」に引っかけて、球団史上初めて連覇を達成した2011年のビジターユニホームの青を取り入れた。

 そのお披露目となった5日の巨人戦(ナゴヤドーム)だったが、結果は2―3で逆転負け。5カード連続の負け越しとなった。

 この日、試合に出場せず指揮官に専任した谷繁兼任監督は「もう1本というところで出ずに最後まで。そういうのはありました」と淡々と振り返ったが、信じられないミスも出た。5回、二死一、二塁から二塁後方の打球をショート・堂上直がつかみ封殺を狙い二塁ベース上の荒木に送球。しかし、荒木はグラブに収めることができず。ボールが転々としている間に二塁走者の生還を許した。「やった本人が1番分かっていることだと思うんで」と指揮官はあえて責めることはなかったが、何とも後味の悪い決勝点だった。

 サードユニホームは昨季7試合で2勝5敗。この日の敗戦で昨年から数え3連敗となった。単なる偶然なのだろう。しかし、そう笑い飛ばすためには、残り7試合の戦いが大事になってくる。