ソフトバンク・栗原 名手・熱男に宣戦布告も…三塁バント処理は「分からん」

2021年01月16日 01時00分

三塁に入りノックを受けたソフトバンク・栗原(代表撮影)

 ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が15日、三塁挑戦を表明した。

 この日は自主トレ先の長崎で練習を公開した。アマチュア時代も含めて経験のないポジションに入り、ノックで守備練習。だが、セーフティーバントの処理では「分からん」と嘆く場面もあった。

 昨季は主に外野を守り、一塁もこなした。そこに今オフ、工藤監督が構想として明かしたコンバート案。持ち前の打撃を生かすべく起用幅が広がることを前向きに捉えているが、難しい挑戦であることは百も承知している。

 ゴールデングラブ8度受賞の松田が君臨するホットコーナーに「挑戦したいけど、まだまだそこのラインにも立っていない。もっともっとレベルアップしていかないといけない」と、先を見すぎず地道にトライするつもりだ。