1点差の大ピンチにDeNAベンチの内線電話が故障

2014年05月01日 20時23分

ブルペンへの電話がつながらず、球審に説明する中畑監督

 まるでコントのワンシーンだった。1日のDeNA―中日(横浜)で、5回一死二、三塁から中日・ルナが1点差に迫る3ランを放った直後だ。DeNA中畑監督は今季初先発の加賀を交代させるタイミングをうかがっていたようだが、ベンチとブルペンをつなぐ内線電話が故障したため、球審に試合再開を待つよう求めたのだ。

 

 特殊な事情に陥ったことを中日ベンチにも理解してもらおうと、中畑監督は「(内線が)つながらないんだよ、分かってくれよ」と大声でアピール。なんとか2番手の林の準備ができて無事に投手交代を完了させたが、そのドタバタぶりにはベンチ内の関係者からも笑いが漏れていた。