巨人・阿部二軍監督 ルーキーに愛を込めて「この世界そんな甘くないよ」

2021年01月14日 15時44分

首脳陣が見守る中、キャッチボールをする平内

 巨人の新人合同自主トレが14日、神奈川・川崎市内のジャイアンツ球場でスタートし、グラウンドには初日から豪華なメンバーが集結した。

 原監督、阿部二軍監督、そして先日、15年ぶりとなるチーム復帰を果たした桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐らG首脳陣が視察。

 野球日和の中、ルーキーたちのプロとしてのスタートが華々しく切られた。そんな金の卵たちに阿部二軍監督からは厳しくも愛のあるアドバイスが送られた。

「この世界そんな甘くないよっていうのも言ったし、すべて自分に返ってくるよというのも言ったし。一社会人としてしっかり考えて『努力できる天才になってくれ』って」(阿部二軍監督)

 これに対して、ドラ1右腕・平内龍太投手(22=亜大)が「やっぱり努力をしないと伸びてこないし、努力せずに生き残っていける世界ではないと思う」と語気を強めれば、ドラ2右腕・山崎伊織投手(22=東海大)も「阿部監督からひと言、甘くない、と。その通りだと思いますし、すべてのことを意識高くやるかやらないかで変わってくると思うので、頑張りたいなと思います」と背筋を伸ばすなど、改めて気が引き締まった様子だった。

 また、新人投手陣にとっては桑田コーチの加入も大きな影響がありそうだ。特に昨年3月にトミー・ジョン手術を受けてリハビリ中の山崎に関しては、同手術を受けた大先輩が生き字引となるはずだ。この日は接触する機会はなかったというが「手術をして投げられない期間があったと思うが、その期間に行って自分にとってプラスになったことや、(復帰後に)どうやって一軍で活躍するところまで持っていけるかと言うのを学ばせていただきたいなと思います」と前のめり。十人十色の1年生たちにとって、心強い指導者たちがそろった。