桑田真澄氏が投手部門のコーチで15年ぶりに巨人復帰 近日中に発表

2021年01月12日 11時00分

昨年2月のキャンプで原監督(右)と話す桑田氏

 巨人がOBの桑田真澄氏(52)をコーチとして招へいすることが11日に分かった。担当は投手部門の予定で、近日中に発表される。桑田氏は1985年にドラフト1位で入団すると1年目の86年に2勝をマーク。87年は15勝6敗、防御率2.17の活躍で最優秀防御率を獲得し、沢村賞を受賞した。2006年に退団するまで173勝を挙げ、ゴールデン・グラブ賞を8度獲得。07年にパイレーツ入団。08年3月に現役を引退した。

 09年から早大大学院スポーツ科学研究科で学び、首席で卒業。13年1月から2年間東大野球部の特別コーチを務めている。本格的な指導は初だが、日米22年間の経験とそれに裏打ちされた技術論などは巨人の若手投手陣の底上げに寄与するはずだ。15年ぶりに復帰する桑田氏。投手王国再建へ期待は大きい。