楽天・松井裕樹 3度目の先発も白星ならず

2014年04月16日 20時11分

 楽天イーグルスのドラフト1位ルーキー・松井裕樹投手(18)が16日、ソフトバンクホークス戦(ヤフオクドーム)に先発。またもプロ初勝利を挙げることはできなかった。内容は5回を投げ5安打3失点、101球、6四球、4奪三振だった。

 プロ初登板となった2日のオリックス戦は6回3失点、2戦目の9日の日本ハム戦は4回途中2失点で、いずれも敗戦投手となった松井裕。ただ、日ハム戦では5四球と制球が乱れ、早い回での降板となったが、一方で7三振を奪ってみせ、〝ドクターK〟の片鱗をのぞかせた。

 三度目の正直でマウンドに登った松井裕は初回、先頭の本多に左前打を許すと、一死二塁から内川に中前打を浴びて先制を許す。3回は、3四球と制球を乱し、内川の適時二塁打などで2点を失った。