鷹・柳田がゴジラ松井に並ぶ6億1000万円 オフの〝柳田塾〟にも参加者続々

2020年12月23日 11時23分

ゴジラに並んだ柳田

 今季パ・リーグMVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日、福岡市内の球団事務所で契約を更改した。

 昨オフに変動制の7年契約を結び、来季が2年目となる年俸は4000万円アップの6億1000万円プラス出来高。2002年の巨人・松井に並ぶ日本人野手史上最高に並んだ。

「球団からは『よくやってくれた』と言っていただき、MVPについても評価をいただいた。シーズンの数字を評価してもらいました」と、晴れやかな表情だった。

 今季は119試合に出場して打率3割4分2厘、29本塁打、86打点と主要打撃部門すべてでリーグトップ3に入る好成績で、最多安打のタイトルを獲得。

 球界の顔でもある柳田は「今年は(コロナ禍で)ファンの皆さんのためにテレビ越しでもいいプレーを見せたいと思っていたので、すごくいい1年になりました」と、特別な1年を使命感を持って駆け抜けた。

 1月上旬から行う自主トレには、かねて目をかけてきた後輩の真砂、谷川原の他に他球団から広島・高橋大、西武・戸川、ロッテ・安田が参加する予定。同じ左打者で長距離砲の安田が門下生として加わることに「打てる打者なんで特に教えることはないと思いますが、聞かれたら何でも教えたいですし、自分が思ったことは伝えたい。お手本になれるように取り組んでいきたいです」とチームの垣根を越えて、若き才能の成長に人肌脱ぐ意気込みだ。(金額は推定)