DeNAが仕事納め 節目の10年目は「新監督のもとでもっと強くなる」

2020年12月22日 20時10分

横浜スタジアム

 DeNAが22日、オンラインで仕事納めの行事を行った。

 岡村信悟代表取締役社長はリモートで、球団・球場職員ら約290人に年末の挨拶。まず、コロナ禍に見舞われた激動のシーズンについて「大変な1年間でした。このような危機的な一年になるとは思ってもみなかったです。特に我々のようなスポーツ興行を行っている会社にとっては、先の見えない苦しい時が続きました。残念ながら、来年すぐにその状態が解消されるというものではございません」と話した。

 そして「DeNAがかかわるようになって10年目の節目の年です。ここに集った球団・球場の素晴らしいメンバーが、必ず良い結果を色々な意味で出せると思っています。チームも新監督のもとでもっと強くなり、ファンの皆さんに感動を与える。そして何よりも我々が横浜の地でプロ野球興行を行うことによって、この地域をもっと元気にしていくことについて、引き続き皆さんと取り組んでいきたいと思います」と話し、三浦監督率いる2021年の新生ベイスターズへ大きな期待を寄せていた。