【NPBアワーズ】5年ぶり2度目のMVP受賞 ソフトバンク・柳田が選ぶMVPは?

2020年12月17日 19時34分

MVPの表彰を受けるソフトバンク・柳田㊧(代表撮影)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が17日、都内で開催された「NPBアワーズ2020」でパ・リーグのMVPに表彰された。

 出場119試合で打率3割4分2厘、29本塁打、86打点と主要打撃部門すべてでトップ3にランクイン。初となる最多安打のタイトルを獲得した。

 5年ぶり2度目の快挙に「優勝しないと難しい賞だと思う。チームの中でMVP争いができるような数字を残したいと思っていた。チームが勝って選んでもらった。チームメートに一番感謝したいです」と笑顔を浮かべた。

 文句なしの受賞となったが、そんな柳田が選ぶMVPは!? モイネロの名前を挙げたりしながら「ちょっと待ってくださいね」と考え込むと「拓也(甲斐)じゃないですかね」と回答。

「ここぞという場面で本塁打を打っているイメージがありますし、守備でずっと試合に出てましたし。特に(ベテラン捕手の)高谷さんがケガしてからは、また一段と素晴らしい捕手になっている気がしました」。

 チーム防御率2・92を誇った鷹投手陣を支えた女房役を指名していた。