中日が新入団発表会見 1位・高橋宏斗「球界を代表するような投手に」

2020年12月11日 13時17分

ドラフト1位の高橋宏斗

 中日は11日、名古屋市内のホテルでドラフト9選手(育成3選手を含む)の新入団発表会見を行った。

 最速154キロ右腕で世代屈指の呼び声の高いドラフト1位・高橋宏斗投手(18=中京大中京高)は背番号「19」のユニホームに袖を通して登壇。今季限りで現役を引退した中日の元エースの吉見一起投手が15年間背負った「19」を継承することになり「今までこの背番号を米村スカウトチーフや吉見さんが背負われていて、すごく重い番号と思う。それに見合った行動やプレーをしていきたい」と気を引き締めた。

 与田監督は「プロ野球界をリードしてくれる、その前にドラゴンズのエースとしての期待があって来てもらった。思い切りの良さ、タフで素晴らしい投手」と隣の席から目を細めた。

 高橋は「持ち味は強気のピッチング。一日でも早くドラゴンズの戦力になれるような投手、球界を代表するような投手になれるように頑張りたい」と意気込みを見せた。