ヤクルト坂口が1億2000万円で更改 自己最多9本塁打にも「決して納得できるものではない」

2020年12月02日 15時41分

契約更改を終えて会見に臨む坂口(代表撮影)

 ヤクルトの坂口智隆外野手(36)が2日、東京都内の球団事務所で契約更改を行い、500万円増の年俸1億2000万円プラス出来高でサインした。坂口は2019年から変動年俸制の3年契約を結んでおり、今年は2年目だった。

 今年は114試合に出場し、打率2割4分6厘、9本塁打、36打点。プロ18年目にして本塁打数は自己最多を更新した。それでも坂口は「成績の数字的には決して納得できるものではなく、高い数字でもなかった」と振り返った。

 しかし、そんな中でも「自分の中でまだできるなという可能性を感じる年でもあった」という。3年契約の最終年に当たる来年に向けて「チームとして一番上を目指して。個人的にも勝つためのピースとしてレギュラーをまたつかみ取りたいなと思う」と意欲を燃やしていた。(金額は推定)

【関連記事】