獲りたい選手は獲ればいい 原巨人大補強にカブる契約最終年の藤田監督とデーブの大ブレーク

2020年12月01日 11時30分

巨人に移籍してブレークした大久保

【赤坂英一 赤ペン!!】「巨人は国内FA権を取得したヤクルトの小川も狙っているようです。一時はソフトバンクを戦力外になった内川にも目をつけていたらしい」

 あるセ球団の編成担当が、そんな情報を耳打ちしてくれた。巨人はFA宣言を表明したDeNA・梶谷、井納を獲得する方針だともっぱらだが、早くも二の矢、三の矢を用意しているそうだ。

 投手が必要な事情ならわかる。エースの菅野がポスティングシステムでメジャーへ移籍する可能性が高い。元ドラフト1位の堀田、鍬原にも自由契約を通告し、育成契約に切り替える予定だ。

 一方で、今季一軍登板のなかったFA移籍組・野上とは来季も契約するという。先発能力のある投手なら獲れるだけ獲りたいのだろう。井納だけでなく小川に触手を伸ばしても不思議はない。

 内川はすでにヤクルト入りが決定的といわれ、巨人には同じ一塁を守るベテランの中島がいる。それでも「中島は来年フルに働けるかどうかは未知数。原監督にすれば、内川には元ソフトバンクの主力だった経験や蓄積も魅力でしょう」と、先の編成担当は言った。

 やはり日本シリーズでソフトバンクに2年連続4連敗したのが、補強の方針にも影響しているのか。

 そこで思い出されるのが1990年、西武に4連敗したころの巨人だ。FA導入前の当時、ほとんど補強をせずに翌91年に臨み、あえなく4位に低迷。藤田監督は契約が延長された92年を前に、大がかりな交換トレードを次々に断行した。

 91年オフには大洋(現DeNA)・大野雄次、オリックス・藤田浩雅、熊野輝光を獲得。それでも92年序盤につまずくと、2連覇した89、90年の正捕手だった中尾を放出し、西武で長年二軍暮らしをしていたデーブ大久保を引き入れた。

 これが思わぬ大当たりで、大久保は連戦連発で6月の月間MVPを受賞し、巨人も終盤まで優勝争いを展開。僅差の2位で終えたが、藤田監督はこの年限りで長嶋監督にバトンタッチしている。当時の藤田監督は61歳、いまの原監督は62歳で来年が契約最終年。この先、采配を振れる時間はそう長くは残っていない。獲りたい選手がいるのなら獲ればいい、と私は思う。一般世間や他球団のファンがどんなに批判しようと、巨人は昔からそういう球団。師の藤田監督も同じことをやっていたのだから。

 ☆あかさか・えいいち 1963年、広島県出身。法政大卒。「最後のクジラ 大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生」「プロ野球二軍監督」「プロ野球第二の人生」(講談社)などノンフィクション作品電子書籍版が好評発売中。「失われた甲子園 記憶をなくしたエースと1989年の球児たち」(同)が第15回新潮ドキュメント賞ノミネート。ほかに「すごい!広島カープ」「2番打者論」(PHP研究所)など。日本文藝家協会会員。