虎の新キャプテン・大山「勝敗の全責任を背負うという覚悟と責任感を持ってやっていきたい」

2020年11月30日 05時00分

秋季練習で汗を流した大山

 来季からキャプテンを任されることになった阪神・大山悠輔内野手(25)が29日、甲子園球場で行われた秋季練習終了後、報道陣の取材に応じ「(主将就任は)前日に監督から伝えられた。チームの勝敗の全責任を背負うという覚悟と責任感を持ってやっていきたい」と強い意気込みを口にした。

 今季は自己最多28本塁打でタイトルにあと一歩のところまで迫った。重責を担うことでさらなる成長を期待する矢野監督は「悠輔自身も悩んだりすることもあるだろうけど、その時は(今季までの主将・糸原)健斗とかに相談してくれればいい。周りからどう見られているか、周りにどう伝えていくかは成長につながっていくと思う」と語った。