【日本S・第4戦】負ければ終わりの原巨人がついに動く! 2番からサカマルオカが復活

2020年11月25日 18時08分

左から丸、岡本、坂本

 ソフトバンクとの日本シリーズで3連敗を喫し、崖っ縁となった巨人が25日の第4戦(ペイペイドーム)で、打線の大幅改造に踏み切った。

 不振だった1、2番コンビの吉川尚、松原はスタメンから外れ、1番には若林が入った。そして、2番以降は昨季と今季途中までの原巨人の代名詞となっていた坂本、丸、岡本の〝サカマルオカ〟が復活。負ければ、終戦となる土俵際の一戦で踏みとどまり、逆襲に転じられるのか――。

1番(右)若林
2番(遊)坂本
3番(中)丸
4番(三)岡本
5番(DH)ウィーラー
6番(一)中島
7番(二)田中俊
8番(捕)岸田
9番(左)増田大
※先発投手は畠