【日本S・第3戦】惨敗巨人に伊勢氏が吠える!「吉川尚、松原は状況を考えてやっているのか」

2020年11月25日 01時05分

1回表、中村晃のタッチをかわそうとするもアウトとなった松原

【伊勢孝夫・新IDアナライザー】巨人は仮にもセ・リーグのチャンピオンだろう。情けない。原監督、ええ加減にせいよ、と言いたい。この日も完全に巨人の力負けだった。

 先頭打者が出てもつながっていかない。ムーアの真っすぐを狙っているんだろうけど、ことごとくいいコースに決められ、もしくはファウルにしかならない。ソフトバンクの投手陣はみんな球が速くて強いとはいえ、もう少し何とかならなかったのか。

 1、2番の吉川尚、松原は状況をしっかり考えてやっているのか。気になったのは6回、無死一塁のチャンスで吉川尚の打席だ。カウント3ボール、1ストライクから内側にきた真っすぐに手を出し、センターフライ。ムーアにすれば待たれるのが嫌な場面だし、フルカウントになっても配球的には変わらないはずで、ストライクでも見逃してよかった。たとえベンチが「打て」のサインであったとしても待つべきだった。もう1球待ってゴロなら足があるから併殺はないだろう。エンドランも考えられた。それが続く松原もセンターフライではどうしようもできない。

 巨人は若い選手が多いこともあって、ボール先行の打者有利なカウントになると全部振りにいっていて、狙い球が絞れていない。あの場面の吉川尚も真っすぐのイメージだけしか持っておらず、コース、高さを考えていないからああいう詰まった打撃になる。高低内外、全部手を出すのではなく、どの辺に来たら打つ、というのをイメージしないといけないし、イメージ通りに来なければ待つこともできた。

 おそらく吉川尚はああいうケースでこれまでは打ってきたのだろう。セ・リーグの投手なら球威がない分、バットが間に合う。ソフトバンク相手ならそこまで考えないといけないということだ。

 サンチェスはスプリットがよかったし、真っすぐも力があったが、2番打者の中村晃に好きなように打たれてしまった。レギュラーと控え選手の差もありすぎる。ソフトバンクはあと1回勝つだけとなり、巨人は何が何でも第4戦に勝たないといけなくなった。

 原監督は戦前に自らを徳川家康に例えていたと聞いたが、それこそホトトギスが鳴くのを待っている場合ではない。打つのを待っていたら終わってしまう。3連敗から盛り返した例も過去にはある。セ・リーグの意地を見せてもらいたい。(本紙評論家)