【日本S・第1戦】巨人バッテリー 周東を止められず傷口拡大…

2020年11月21日 21時36分

巨人・大城は球をつかみ損ね送球できず

 盗塁王は止められないのか…。巨人は21日の日本シリーズ第1戦(京セラドーム)で、ソフトバンクの周東佑京内野手(24)に二盗を許した。

 0―4の8回に3番手で登板した高橋が先頭打者の周東に10球粘られた末に四球を与え、この日初めての出塁を許した。続く中村晃との対戦では何度も一塁にけん制球を投げたが、6球目にスタートを切られ、捕手の大城は球をつかみ損ねて二塁に送球することができなかった。

 そして8球目のスライダーを左前へ運ばれ、周東は二塁からアッという間に生還。四球に足を絡められ、ワンヒットでリードを5点に広げられる厳しい展開を強いられている。