雪辱に燃える巨人・坂本 好相性の京セラD…いいイメージは「全くないです(笑)」

2020年11月20日 18時12分

リラックスした様子で前日練習を行った巨人・坂本

 巨人のキャプテン坂本勇人内野手(31)が21日の日本シリーズ第1戦(京セラドーム)に向け準備を完了させた。

 20日、決戦の舞台で公式練習に臨んだ背番号6は「チャレンジャーなんで、セ・リーグ代表の誇りをしっかり持って戦いたい。昨年の悔しさを取り返せるようにしたいです」と4連敗に終わった昨年のリベンジを誓った。

 監督会議の席で第1戦の鷹先発は千賀と発表された。「パ・リーグを代表する投手。少ないチャンスをものにして、どんな形でもいいので、点を取り勝ちにつなげたい」と前を向いた。

 昨年の大きな借りがある。初戦で千賀から執拗な内角攻めを受け、3打数無安打と抑え込まれた。そのまま調子が戻らず13打数1安打、打率7分7厘と丸と並んで大ブレーキとなった。

 今回の巨人本拠地・京セラドームでの坂本は通算打率は3割3分9厘と好相性。いいイメージか聞かれ「全くないです」と笑い飛ばした主将は「でも頑張りますよ!」と笑顔で締めた。