〝サニブラウンに勝った男〟が日本ハムと仮契約「活躍して野球の五十幡に」

2020年11月16日 18時26分

五十幡亮汰

 日本ハムのドラフト2位・五十幡亮汰外野手(21=中大)が16日、東京都立川市内で入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1100万円で仮契約した(金額は推定)。

 中学時代には、陸上の100メートル、200メートルで、現100メートルの日本記録保持者であるサニブラウン・ハキームに勝利しており、その脚力にも大きな期待を寄せられている五十幡。メディアやファンの間では「サニブラウンに勝った男」として連日注目を集めているが、当の本人は「自分としてもポジティブに捉えています。ただ、これから活躍して『野球の五十幡』として(サニブラウンと)名前を比べてもらえるように頑張りたいです」と、力強く目標を語った。

 目標はそれだけではない。「活躍して、1億円を超えられるプレーヤーになりたいです。周囲からも『なるからには1億円プレーヤーを目指さないと』と言われますし、プロ野球選手になるのも夢でしたが、一流のプロ野球選手になるのも夢だったので」と大きな夢を語った。ライバルに負けない偉大なアスリートになるため、大志を抱いてプロへの道を駆けだした。