広島が新助っ人獲得発表 マイナー本塁打王のクロン&MLB初リトアニア出身選手のネヴァラウスカス

2020年11月16日 13時51分

マツダスタジアム

 広島は16日、新外国人選手のケビン・クロン内野手(27=ダイヤモンドバックス)とドビーダス・ネヴァラウスカス投手(27=パイレーツ)の獲得を発表した。

 クロンはマイナー通算151発の大砲で2019年には38本塁打を放ちマイナーの本塁打王となった。契約金3150万円、年俸8400万円。球団を通じ、「広島でプレーする機会を与えられたことにとてもエキサイティングな気持ちです」とコメントした。

 また契約金2600万円、年俸6500万円で契約したネヴァラウスカスはMLB史上初のリトアニア出身選手として17年にメジャーデビューした。主にリリーフとしてメジャー通算成績は1勝4敗5ホールド、防御率6・81。今季苦しんだブルペンの救世主として期待される右腕は「目標は常にすべてに勝ち、チームを勝利に導けると願っています」と話した。(金額は推定)