西武が1位指名の渡部健人と入団合意「本塁打王、打点王を取れる選手に」

2020年11月15日 20時42分

西武入団に合意したドラフト1位・渡部健人(球団提供)

 西武からドラフト1位指名された渡部健人内野手(21=桐蔭横浜大)が15日、横浜市内で入団交渉を行い契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円の上限で合意した。

「ポストおかわり」として将来的に通算424本塁打(歴代16位)をマークする中村剛也内野手(37)の後釜としてサードの主軸を期待される身長176センチ、体重112キロの大型スラッガー。

 球団の期待を受けた渡部は「改めて、プロの世界に行けるんだなという実感が湧きました。ただ、これからどう鍛えていくかが大事だと思っています。ケガをしない体づくりをしっかりしたいです。将来的には本塁打王、打点王を取れるような選手になりたいです」とプロとなる抱負を語った。

(金額は推定)