【パCS・第2戦】「ロッテはなぜバントをしないのか」伊勢孝夫氏が指摘

2020年11月15日 19時06分

チャンスで空振り三振に倒れたロッテ・安田

【伊勢孝夫・新IDアナライザー】ロッテは3点を先制したあとの追加点が取れなかったのが痛かった。あれだけチャンスをつくっておきながら犠打がなく、3回の無死一塁で中村奨が犠打失敗して以降、構えすらしていなかった。直前までバントの練習をしていたと聞くが、なぜなのか。何とか走者を進めようという姿が見受けられない。

 4回の一死一、三塁で清田のカウント2―2から藤原が二盗失敗。あそこも走らずに右方向を狙うべきだったと思うが、清田は四球で続く安田は三振と、チグハグな攻撃で1点も取れない。ロッテにはベンチのサインが出なくても「ここは右方向だ」「ここは併殺だけはしてはいけない」と徹底してやれる選手がいないように思う。状況に応じた判断ができないといけない。ソフトバンクは3回の無死二塁で川島が投ゴロに倒れたが、右狙いの意識は徹底されていた。

 すぐに4、5点目を取っておいたら4回に逆転されていなかったかもしれないし、先に先に手を打たないと追いかける展開になったらモイネロ、森が出てきてどうにもならなくなる。2戦とも若い安田が打って先制しているのに後が続かなかったのは残念だ。1つくらい勝たせたかった。

 ロッテはレアード、マーティン、石川ら故障者が続出し、コロナ禍もあって大変なシーズンだったろう。それでもソフトバンクに唯一勝ち越し、CSにまで出てきた。3年目の安田、2年目の藤原が猛打賞の活躍をし、1戦も負けられない、3連勝するしかないという短期決戦の緊迫感を経験した。修羅場をくぐり、来年はさらに成長するはずだ。秀でた選手はいなくてもいいまとまり方をしているし、中村奨、藤岡にしてもひと回りもふた回りも大きくなると思う。

(本紙評論家)