ノムさん、次期監督報道にボヤキ止まらず「オレを陥れるのが早すぎる」

2020年11月15日 09時00分

日本ハム・梨田監督からあいさつされるノムさん。ムッツリ顔の理由は…(2009年9月6日=Kスタ宮城)

【復刻!ノムさんのボヤ記㉒】今年2月11日に亡くなった、野村克也さんに感謝と敬意を込め、楽天監督最終年となった、2009年シーズンのボヤキを一挙公開! ノムさんの耳に入ってくるのは、自身の次の監督人事。周囲の腫れ物に触るような扱いに、ノムさんもつい…。1年間完全密着で抽出した珠玉のボヤキの数々を、当時を懐かしみながらお楽しみください。

 ◆9月1日 西武戦(Kスタ宮城) 試合前

(一部スポーツ紙が『楽天の次期監督は東尾修氏』と報道)

 今日の新聞の話すると思ったけど、誰もしないんだな。気を使ってんのか。よりによってこんな時期に…。今年で契約切れるんだから、誰がなろうと知ったこっちゃない。そんな話が出ると思ったから(コメントを)考えてたんだけど…。(話が出ないから)ノーコメントでええわ。今の監督を選ぶ基準は能力じゃない、処世術だよ。

 西武も弱くなったな。向こうからあいさつに来るようになった。弱者から必ず行くよな。人間って無視されるのが一番つらいじゃん。弱いと相手にされないから、そういう心理であいさつに行くんだよ。ウチの選手もそうだったから、止めさせたんだ。

(試合は3―2でサヨナラ勝ち。岩隈が132球完投で涌井とのエース対決を制した)

 エルニーニョ、エルニーニョ。よう勝ったね。西武との差が広がった? 社長以下、困っとるやろ。今年で終わりなのは間違いない。来年もやるなら、もう話が来とるよ。今もない…。(日本ハム監督の)梨田だってもう来年の契約結んだんだから。悪い話は最後の最後だよ。オレの経験からして、いい話は早めに来る。

 ◆9月2日 西武戦 試合前

(前日の次期監督報道を蒸し返し)

 ストーブリーグが早すぎるわな。オレを陥れるのが早すぎる。南海、阪神といろいろやられているけどな。オレの人徳のなさだろうけど、夫婦で叩きやすいのかな。因果な商売やな、監督なんて。昔は男が憧れる三大職業はオーケストラの指揮者、連合艦隊の司令長官、プロ野球の監督だったがな。


(試合は3―7で敗戦。勝てばクライマックスシリーズ進出マジック27が点灯したが…)

 聞いたことないよ、3位のマジックなんて。色気を出すようなチームじゃない。最近ダメだな、迷うわ。ピンピン決断できない。やっぱり来年がないからかな。人間って弱いものだから、躊躇しちゃう。弱~い人間だから、あんまりいじめないでね。よろしくお願いします。

 ◆9月3日 西武戦 

(試合は0―4で敗戦)

 それにしても打てんわ。心配なのが、明日から左ピッチャーが続くこと。雨降らないかな。言い訳になるのに。光がないやろ、希望の光が…。どんどんクビ絞められるわ。

 ◆9月4日 日本ハム戦(Kスタ宮城) 試合前

 ピッチャーって男の子が生まれるとダメになるっていうやんか。(ヤクルトへ移籍した)一場(靖弘)は男の子か。だからダメなんだ。(球界では)「息子に運を取られる」って言うんや。巨人の堀内(恒夫)も男の子が生まれてダメになっちゃった。稲尾(和久)のとこなんてみんな女の子。

(試合は2―9で敗れ、3連敗)

 今日は何にもありません。今はリリーフ陣がよくないから、何とか先発が頑張って長いイニング投げてもらわないと試合にならん。問題のレベルが低すぎて困っとります。采配のしようがない。

 ◆9月5日 日本ハム戦

(試合は3―10で敗れ、4連敗)

 今日は(先発の)谷間だからしょうがないよ。こうなるなら全員野球の手もあったな。オープン戦みたいに2回ずつ5人に放らすとか。とにかく台所が苦しい。私の力ではどうにもなりません。

 ◆9月6日 日本ハム戦

(試合は4―3でサヨナラ勝ち)

(このカード)1つ勝ててよかったね。首の皮一枚つながった。風前の灯だけどな。また西武負けた? お付き合いいいね。「ひと息」とは言わないけど、「半息」ついたわ。
 
〈毎週日曜「東スポWeb」掲載〉