中日・根尾が宮崎入り 3年目の飛躍へ「今のままではいけない」

2020年11月12日 17時59分

中日・根尾昂

 中日・根尾昂内野手が12日、秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に出場するため、宮崎入りした。

 前日11日の広島とのシーズン最終戦(マツダ)では「1番・中堅」で今季6度目のスタメン出場。第3打席で右前打を放ち、プロ2本目となる安打を記録したが、外野に挑戦した2年目の今季も23打数2安打で打率0割8分7厘と結果を残せなかった。

 それだけに「打席で結果が出ていませんし、今のままではいけないと思う。今シーズン、自分のできることは増えましたが、まだまだ課題はたくさんあるので、打撃、守備、走塁、すべての面でレベルアップできるようにしたいです」と猛省する。

 13日の教育リーグ・DeNA戦(宮崎アイビー)から出場予定で「バッティングフォームで、もう少し、こうした方がいいのかなという部分がいくつかあるので、いろいろ試せたらと思います」と自身の課題も見つかっており、来季へ向けて「何か自分のものにできるように考えて、試しながらプレーしたいです」と3年目の飛躍につなげるつもりだ。