ヤクルト・高津監督 プロ初先発の奥川に期待「結果は気にしない。エースになっていく男」

2020年11月10日 23時48分

3回、マウンドを降りる奥川

 ホロ苦いデビューだったが、プロでの第一歩を切った。ヤクルトのドラフト1位ルーキーの奥川恭伸投手(19)が10日の広島戦(神宮)にプロ初先発した。

 3回途中を5失点でKOされたが、高津監督は「結果は別に気にしていない。本人的には満足できる内容、結果ではなかったかもしれないが、これが見たくて我々は首を長くして待っていた」と話した。今後については「いろんなことを経験して慣れ、勉強し、ヤクルトのエースになっていく男だというふうに思いながら見ていた」と期待を寄せた。

【関連記事】