阪神・藤川引退セレモニーで清原氏が〝キ〇〇マ騒動〟ブッ込み! 感動のメッセージ交換に甲子園泣く

2020年11月10日 22時29分

2005年、伝説の〝キ〇〇マ騒動〟につながった阪神・藤川(手前)と巨人・清原氏の対決

 甲子園の巨人戦後に行われた阪神・藤川球児投手(40)の引退セレモニーに〝因縁のライバル〟清原和博氏がビデオでサプライズ登場。熱いメッセージで甲子園をざわつかせ、大いに沸かせた。
 
 セレモニーではかつての仲間やライバルから届いたメッセージが続々と紹介された。そんな中、夜景をバックに背負った清原氏の姿がビジョンに映し出されると、虎党からはひと際大きな歓声。「藤川投手との思い出といえば、東京ドームでの物議を醸したあの事件です」といきなり伝説の〝キ〇〇マ騒動〟をぶっこみ、虎党をざわつかせた。さらに「藤川投手は何も悪くありません。サインを出したのは矢野監督です」とやると、今度は大爆笑。それを聞いていた矢野監督がうなずくと、またスタンドが沸いた。

 ファンの心をしっかりつかみつつ、藤川に対しては「自分の野球人生の中でバットを振って、ボールが上を通っていく。こういうことは初めてのことでした。本当に完敗です」と脱帽。「これからはゆっくりと肩、ヒジ、そして心も休めて新たな人生に向かっていってください。本当にお疲れさまでした」ときっちり締めると、再び大きな拍手が湧き起こった。

 これを満面の笑みで聞いていた藤川も思いに応えた。引退あいさつで「清原和博さんへ」と切り出し「あなたがいなければ僕は存在しません。僕を成長させてくれたのは清原さんとの対戦、存在です」と言い切った。

 さらに「苦しいとき、お守りを届けてくれ『体を大事にしろよ』と…。とても励みになりました。キヨさんはとてもやさしい方です」と秘された交流も披露。「必ずお礼を伝えに行きます。今後ともよろしくお願いします」と呼び掛けると、甲子園は両者への声援と拍手に包まれた。