日本ハム・西川 粘りに粘って勝ち越し二塁打「この1点を必死に守ります」

2020年11月09日 20時54分

6回にタイムリー二塁打を放った日本ハム・西川

 日本ハムの西川遥輝外野手(28)が9日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「1番・中堅」で先発出場し、同点で迎えた6回に右翼への勝ち越し適時二塁打を放った。

 5回まで3打数無安打だった西川だが、6回二死三塁と勝ち越しのチャンスで意地を見せた。この回からマウンドに上がったフローレスの投じた10球目、136キロのチェンジアップをうまく捉えると、この当たりが均衡を破る適時二塁打に。貴重な1点を奪い取った。

 西川は「この1点を必死に守ります」と力強い一言。シーズン最終戦を勝利で飾るため、キャプテンとして最後までチームをけん引する。

【関連記事】