楽天連敗3でストップも…2年ぶりBクラス確定 V打の銀次「とても悔しいシーズン」

2020年11月05日 21時26分

楽天・銀次

 楽天が5日のオリックス戦(京セラ)で4―2と勝利し、連敗を3で止めた。しかし、この日3位のロッテが勝ったため、残り2試合を全勝しても勝率で追いつくことができなくなった。同じく残り2試合の5位・日本ハムとは3ゲーム差となり、今季4位が決まった。

 先発・辛島は今季最長の7回を98球、5安打1四球2失点、10奪三振と好投。打っては同点の9回一死三塁から銀次の右中間適時二塁打で勝ち越しに成功し、さらに小深田にも左翼線への適時二塁打が飛び出して終盤に2点をもぎ取り、接戦を制した。

 V打を決めたベテラン・銀次は「あと3試合というところで、いいヒットが出て良かったと思う」とコメント。前日にCS進出の夢が破れ、この日は2年ぶりとなるBクラスも確定。それだけに「とても悔しいシーズンだったが、まだ残り2試合ある。しっかり気を引き締めて頑張っていきたい」とも続け、最後まで全力で戦うことを誓っていた。