CS消滅の楽天・三木監督が退任か 来季異例ヘッド降格の可能性

2020年11月05日 00時14分

楽天・三木監督

 楽天が4日のオリックス戦に敗れてCS進出の可能性が消滅。3位以下となることが決まったことで、続投が基本線となっていた三木肇監督(43)の去就が不透明になっていることが分かった。

 関係者の話を総合すると、三木監督は複数年契約を結んでいるため、監督退任となった場合でもヘッドコーチとしてチームに残留する可能性が高いという。

 楽天は昨季、3位でシーズンを終えた平石監督のクビを切り、FAなどで戦力を大補強。にもかかわらず今季、苦しい戦いが続いたことで、球団にはファンからの厳しい声が届いており、チーム内には「今季最終戦(7日)試合後の監督あいさつで、ブーイングが上がったり罵声が飛ぶようなことになるのでは」と心配する声も出ていた。

 監督交代となれば奈良原浩二軍監督(52)の内部昇格、もしくは外部招へいの可能性も残されている。