オリックス〝超大物〟ジョーンズ 物足りぬ成績で帰国「来年は素晴らしいコンディションで臨む」

2020年11月03日 19時00分

帰国の途に就いたオリックス・ジョーンズ

 オリックスのアダム・ジョーンズ外野手(35)が3日、成田空港から米国に帰国した。下半身の不調から10月25日に選手登録を抹消されており、チームはまだ残り試合を残す中での一足早い帰国となった。

 メジャー通算282本塁打の〝超大物助っ人〟と期待されながらも1年目の今季は87試合で12本塁打、43打点、打率2割5分8厘。物足りない成績に終わった。ジョーンズは「アメイジングな1年目でした。コロナウイルスの影響でシーズンの遅延を余儀なくされ、その際、何もできなかったことは楽しいことではありませんでした」と振り返り「来年、来日した際には、心身ともに素晴らしいコンディションでシーズンに臨みたいと思います。初日から全日程が終わる最後の日まで、チームに大いに貢献できるよう準備します」と球団を通じてコメントした。

 フロント関係者も「オフにしっかりトレーニングしてもらいたい」とハッパをかけており、来季は真価が問われることになりそうだ。