虎のゴリラ男・陽川尚将 初回にプロ初の満塁弾 ドラミングポーズで祝福

2020年10月31日 15時03分

陽川

 阪神・陽川尚将内野手(29)が、31日のDeNA戦(横浜)の初回に先制の6号満塁弾を放った。

 相手先発・井納の立ち上がりを攻め、二死満塁の好機をつくると、打席に入った陽川はカウント1―1から3球目のスライダーを強振。持ち前のパワーで快晴の秋空に高々と舞い上がった打球は、左翼スタンドへ一直線に飛び込んだ。

「みんなが良い流れで回してくれたので、積極的に打っていくことを意識して打席に入りました。それが良い結果につながってくれました。先制することができてよかった」とニンマリ。

 陽川にとってはこれがプロ初のグランドスラムではにかみながらダイヤモンドを一周した虎のゴリラ男は、ベンチ総出の胸を叩く〝ドラミングポーズ〟で祝福された。