巨人・宮本コーチの〝ゴリラガッツ〟出た! 鍵谷が絶体絶命ピンチ切り抜け

2020年10月30日 20時50分

7回一死満塁の危機を切り抜けた鍵谷をガッツポーズで迎えるGナイン

 これもVへの渇望か。巨人・宮本投手チーフコーチが〝ゴリラガッツ〟で喜びを体全体で表現した。

 3―2の1点リードで迎えた7回、2番手・鍵谷が一死満塁のピンチを背負った。もちろん一打逆転の大ピンチ。リリーフ陣も疲労困憊。味方打線もなかなかつながらないだけに、首脳陣も祈るような気持ちで戦況を見守った。

 打席には1番・塩見。ここで鍵谷が内角へ渾身の151キロ直球を投げ込むと、気迫負けしたのか、初球を狙っていた塩見の打球は力ない二ゴロ。併殺に打ち取ると、首脳陣は一斉に〝よっしゃーっ!〟とばかりに大盛り上がりを見せた。

 中でも投手陣のやりくりを一手に引き受けている宮本コーチは、最初こそクールにグータッチで喜んだが、これ以上ない結果にその喜びが爆発。その場で足踏みしながらこぶしを握った両腕を同時に上げ下げ。まるでゴリラが小躍りしているかのような、独特のガッツポーズで窮地を救った右腕をたたえていた。