広島 初回 田中広のヒット1本だけで1点先制

2020年10月30日 18時32分

田中広は初回、ロドリゲスのボークで悠々と生還

 先制点が転がり込んできた。広島は30日の中日戦(ナゴヤドーム)の序盤に思わぬ幸運が舞い込んだ。

 初回一死走者なしで田中広が中前打で出塁し、長野の打席で二盗を試みた。その際に中日捕手・木下拓が悪送球。ボールが中堅・大島の前をはずむ間に、田中広は三塁まで進塁した。

 長野は空振り三振に倒れたものの、続く西川の打席で中日先発・ロドリゲスがボークの判定。田中広がホームに生還し、ヒット1本のみで1点を先制した。