巨人・坂本が〝同姓同名問題〟に言及 育成6位指名の2代目に「一緒に頑張っていければ」

2020年10月27日 22時06分

通算2000安打にあと8とした坂本

 果たして登録名はどうなるのか――。巨人・坂本勇人内野手(31)が、26日のドラフト会議で育成6位で指名された、唐津商高・坂本勇人捕手(18)との〝同姓同名問題〟について言及した。

 27日のDeNA戦(横浜)は2―9で敗れたものの、3安打を放ち一人気を吐く活躍を見せた。2000安打まであと8安打と迫りカウントダウンが始まったが、本人は球団を通じ「心境の変化はまだありません。ラスト2本、1本になるまで変わらないと思います。最近の状態は悪くないので、この状態を維持できるようにしていきたい」とコメントした。

 そして…気になる〝2代目〟坂本勇人捕手については「登録名がどうなるんでしょうね」と、この話題には笑顔だったそうで「一緒に頑張っていければいいですね!」とコメントを寄せたが、〝初代〟としても、その行方は気になる様子だった。