ソフトバンクが悲願のV奪回!若手とベテランの融合でロッテに快勝

2020年10月27日 21時19分

ベテラン・和田が快勝で8勝目を挙げた

 パ・リーグ首位のソフトバンクは27日、2位・ロッテ戦(ペイペイ)に5―1で勝利。悲願のリーグV奪回を成し遂げた。

 優勝を決めた天敵・ロッテとの一戦はベテランと若手が融合した今季を象徴するような勝利だった。

 0―0の5回、石川から先頭・川瀬が右翼フェンス直撃の二塁打で出塁。ここで3回に10戦連続&月間20盗塁の球団記録をダブル更新した周東が犠打をきっちり決める。続く中村晃が均衡を破る犠飛を放ちで先制点を奪った。6回には投手陣を支え続けた甲斐の10号2ランで3―0。8回にも甲斐が適時二塁打を放つなど2点を追加して突き放した。

 投げてはベテラン・和田が6回3安打無失点の快投で8勝目(1敗)を挙げた。4回までに7三振を奪うなど初回からエンジン全開。「全力でスタミナが切れるまで投げました。優勝がかかった試合で自分らしい投球ができて良かった」と納得の笑顔を浮かべた。7回からは勝利の方程式が登場。岩崎、モイネロ、そして9回は守護神・森が締めくくり歓喜の瞬間を迎えた。