巨人・戸郷 遠のく新人王…DeNA・ロペスに痛恨グランドスラム被弾

2020年10月27日 20時05分

5回に満塁弾を浴びてしまった巨人・戸郷(右)

 新人王が〝風前のともしび〟となってしまった。現在9勝(3敗)の広島・森下と新人王を争う、巨人・戸郷翔征投手(20)が、27日のDeNA戦に先発。この日勝利すれば、優勝へのマジックを減らすだけでなく、自身にとっても勝ち星で森下に並ぶ大事なマウンドだったが、5回にまさかの展開となった。


 3回に1点こそ先制されたものの、DeNA先発・大貫と投手戦を演じていた戸郷だったが、下位打線を起点に一死満塁のピンチを背負うと、2番・乙坂を迎えた。

 しかし、ここはマウンド度胸満点の戸郷が、カウント1―2から内角へ直球をズバリ決めて空振り三振。しかし…3番・ロペスへの2球目、高めに入った147キロ直球をガツンと振り抜かれた。打った瞬間という打球は、まさかまさかのグランドスラムで0―5。戸郷はマウンド上で微動だにせず、打球の行方を見送った。

 その直後、丸の25号で2点を返したものの、全体的に攻撃面が低調とあって、なんとか戸郷の粘投を呼び水としたかったが、思わぬ展開となってしまった。