広島がトヨタ自動車・栗林を一本釣り 佐々岡監督「森下と同等の活躍をしてくれる」

2020年10月26日 18時32分

ドラフト会議に出席した広島・佐々岡監督(©NPB/BBM2020)

 広島・佐々岡真司監督(53)が2年連続での〝一本釣り〟に成功した。広島は26日に行われた「プロ野球ドラフト会議」で栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)を1位で入札。西武など他球団との競合も予想されたが、単独指名に成功した。

 指揮官は「くじを引かずに取れるのはホッとしますし、うれしい。当然(抽選の)覚悟していたし、緊張感も持って他球団の指名を見ていた」とニッコリ。期待の社会人ナンバーワン右腕には「すべてにおいて素晴らしい投手。真っすぐの強さ、変化球のコントロールもいい。森下(暢仁投手)と同等の活躍をしてくれると思う」と即戦力して大きな期待を寄せていた。