ソフトバンク・和田 さあ胴上げ戦登板へ!M2先発は「想像してなかった」

2020年10月26日 12時31分

リラックスした表情で調整に励む和田

 ソフトバンク・和田毅投手(39)が27日のロッテ戦(ペイペイ)の先発に向けて気迫をみなぎらせた。

 当初は天王山初戦とも思われていた。それがチームの破竹の12連勝もあり、勝てば優勝の一戦となった。リーグ優勝がかかる試合に先発するのは初めて。

「マジック2で回ってくると1週間前は想像してなかった。それだけチームの状態が良かったということ。特に10月に入ってからは、悔いのないボール、1球1球と、そういうスタイルでやっている。しっかり自分がゲームをつくれれば、その結果が優勝につながると思う。勝てる投球ができるようにしたい」と話した。

 昨季は日本一がかかった試合(巨人との日本シリーズ第4戦)で5回を1安打無失点の快投を見せている。ベテラン左腕が気合十分でマウンドに臨む。