西武・中村が通算21本目の満塁弾 V目前の鷹に立ちはだかる

2020年10月24日 17時02分

8回表1死満塁、左中間に逆転満塁ホーマーを放った中村剛也

 獅子の〝満塁男〟が、怒濤の12連勝でV目前の鷹に立ちはだかった。西武・中村剛也(37)内野手が、24日のソフトバンク戦(ペイペイ)で、逆転の8号グランドスラムを放った。

 0-1とリードされて迎えた8回だった。この回から登場したモイネロが3四球の乱調。6日ぶりのマウンドだった。一死満塁となったところで鷹ベンチは岩崎を投入。しかし、中村は2ボール1ストライクからの4球目を見事、左翼スタンドに運んだ。

 中村の満塁本塁打数は歴代1位独走の21本目。2位は王貞治(現ソフトバンク球団会長)の15本。

【MLB歴代満塁本塁打ランキング】
①A・ロドリゲス(ヤンキース) 25本
②L・ゲーリッグ(ヤンキース) 23本
③M・ラミレス(レッドソックスなど) 21本
③中村剛也(※NPB=西武) 21本
④E・マレー(オリオールズなど) 19本

【関連記事】