【ドラフト〝ビッグ3〟直前解剖】中京大中京・高橋宏斗は「奥川より投げるスタミナがあるかも」

2020年10月24日 11時00分

球速だけでなく球種も豊富な中京大中京・高橋

 ビッグ3の当たりくじを引くのはどの球団か――。今年のドラフト会議は来週26日に東京都内で行われる。プロ、アマとも新型コロナウイルスに振り回された中で、競合必至の1位指名候補として注目されるのが「野手ナンバーワン」の呼び声高い佐藤輝明内野手(21=近大)、即戦力左腕の期待も高い早川隆久投手(22=早大)、最速154キロの超高校級右腕・高橋宏斗投手(18=中京大中京)だ。プロのスカウトがどう評価しているのか深掘りしてみた。

【中京大中京・高橋宏斗投手】高校生の中で最も高い評価が集まる高橋は、今回のドラフトで1位競合は間違いないとみられている。当初希望していた大学進学がなくなり、今月6日になって急きょプロ志望届を提出。最速154キロの直球にスライダー、カットボール、スプリットなど多彩な変化球を駆使し、高校レベルでは群を抜いた存在だ。

 地元・中日の1位指名最有力候補でもあり、一部球団のスカウト情報によれば「高校生でストレートが150キロを超えてくる上に、スライダーにスピードがあってコントロールもいい。去年の奥川(ヤクルト)にも匹敵する存在で、もしかしたら奥川より投げるスタミナがあるかもしれない」と評価は高い。

 また、別のスカウトは「少ない登板試合の中で何球か投げていたスプリットも印象的だった。サンプル数が少なくその精度までは確認できなかったが、試合の中で普通に投げているということは手先の器用さがあるということ。スピードがあって変化球にキレもある。何よりスライダーのコントロールがいいので、大学、社会人の1位候補と遜色のない即戦力候補です」とまで言う。

 唯一心配な点を挙げるとすれば、今年の高校生は新型コロナ禍の影響で春、夏とも甲子園大会を中心とした各地方大会を含めたトーナメントをやっていないこと。いくらスタミナがあると思っていても、実際に灼熱の甲子園での連投を経験し、大観衆の前で結果を出してきた松坂(西武)やダルビッシュ(カブス)、田中(ヤンキース)ら過去の大物高校生投手との単純な比較ができない部分かもしれない。