【ドラフト〝ビッグ3〟直前解剖】「柳田2世」近大・佐藤輝明のアピールポイントは「守備力」

2020年10月24日 11時00分

プロは近大・佐藤輝明の「守備力」を高く買っている

 ビッグ3の当たりくじを引くのはどの球団か――。今年のドラフト会議は来週26日に東京都内で行われる。プロ、アマとも新型コロナウイルスに振り回された中で、競合必至の1位指名候補として注目されるのが「野手ナンバーワン」の呼び声高い佐藤輝明内野手(21=近大)、即戦力左腕の期待も高い早川隆久投手(22=早大)、最速154キロの超高校級右腕・高橋宏斗投手(18=中京大中京)だ。プロのスカウトがどう評価しているのか深掘りしてみた。

【近大・佐藤輝明内野手】187センチ、94キロ、右投げ左打ちの大型スラッガー、近大・佐藤は今ドラフト最大の目玉だろう。打っては逆方向に長打も打てる「柳田2世」の評価で、走っても50メートル6秒0の俊足。守備面でも遠投100メートルの強肩で内外野をこなせるマルチぶりを誇る。12球団のスカウト、編成担当者が「野手では間違いなくナンバーワンの存在」と即戦力の評価をしている。

 三拍子揃った総合力、日本人離れしたスイングスピードとパワーはもちろん「特A評価」にふさわしいものだが、何よりプロの評価を集めているのが守備力の高さだ。ある球団のスカウトは「走攻守が揃った上で、守れるということが彼の一番のアピールポイントだと思う。アマチュアとプロの差が一番出てくる部分でもあるし、それが一定のレベルにあるということが、野手がプロの水に慣れていく上で一番重要な要素」と前置きし、こう続ける。

「プロに入って一線級投手のストレートやキレのある変化球に対応していくためには、コンスタントに試合に出続けられる守備力があった方が当然有利。幸い佐藤の場合は現在のポジションである三塁の他に外野手としても高い守備力がある。内外野の複数ポジションを守れるということが、プロ入りしてから彼自身の助けとなってくるだろうし、チームの起用の幅も広がる」

 パワーあふれる打撃がプロに高く評価されていることは言うまでもない。その上で、その才能をプロのレベルでいち早く開花させるために一定のレベルで内外野を守れる佐藤の守備力が、どのチームの補強事情にもマッチするマルチ性を秘めているようだ。